未分類」カテゴリーアーカイブ

株式は現物取引よりも信用取引がおすすめ!

株式の取引種別は大きくわけて「現物取引」と「信用取引」があります。はじめての場合、どちらの種類のほうが良いのか迷うことが多いですが、利益を得るチャンスの多さからすると信用取引のほうがおすすめです。

現物取引は、買い(ロング)でしか取引を行うことができないため、将来的に株価が上がることを予想して銘柄を決める必要があります。信用取引は、買い(ロング)と売り(ショート)の両方で取引を行うことができるため、将来的に株価が下がりそうな銘柄を選んで利益を狙うことも可能です。また、信用取引は証拠金取引といって、証券会社に預けた資金を3倍にして取引を行うことができるのも特徴です。例えば、100万円の投資資金の場合、手元に100万円の資金しかなくても300万円の資金として取引を行えます。少ない資金で高額な取引ができるのが魅力ですが、損失を被る場合も同様なのでハイリスクハイリターンな取引でもあります。

株価は国内外の様々な要因から上がったり下がったりするわけですが、現物取引は株価が急落した場合にその流れに乗って利益を得ることができないのがデメリットです。日経平均がマイナス500円超えなど、年間で数回はたった1日で株価が急落することがあります。そんな時に信用取引を行える状態だと、うまく急落に便乗して利益を狙えるというわけです。

株式は「下がったら買う」と「上がったら売る」というシンプルな戦略が基本であり、株を保有して参加することよりも自分が利益を得られるチャンスを待つことのほうが大事でもあります。そう考えると、やはり現物取引よりも信用取引のほうが売り(ショート)で参加することもできるため、利益のチャンスは現物取引よりも多いと言えます。また、信用取引も買い(ロング)が可能でやり方も現物取引と変わりません。例えば、株価が100円の銘柄を買いたい場合、現物取引も信用取引も今の株価である100円で買いを入れることができます。

信用取引は3倍までの倍率で取引を行えるハイリスクハイリターンな取引なわけですが、もし予想が外れてしまった場合に同じ投資資金で株をやっていても信用取引のほうが損失が大きくなってしまうことがデメリットです。ただし、これは負債を抱えないように損切りを調整することができるので、リスクが高いといっても結局は戦略次第です。また、倍率取引が可能な証拠金取引はマイナーな取引種別ではなく、FXにも採用されているとてもメジャーな取引種別です。