サイレントワーカー(Silent Worker)は詐欺会社?

「老後生活する上でに 2000万円が足りない」衝撃的なニュースでした。

そんな苦境の現代で豊かに生活していくには本業以外の“副業”が昨今注目されています。副業といっても様々な種類があり、私が一番安全で稼げる副業として気になっているジャンルは「不労所得」です。「不労所得」といっても代表的な不動産投資(初期投資が多額に掛かる)ではなく【マイニングマシン】です。
中でも仮想通貨BTC(ビットコイン)を採掘するマイニングに興味があり、色々調べたこともあるのですが結局個人でマイニングを行うのは無謀ということがわかりました。日本の電気代は高いですし、設備投資も大規模マイニングを行っている事業にはとても適わないです。結局個人で投資できる資金では月々の利益と故障などでかかる設備投資どちらが大きくなるか、損するか得するかもわからないという程度の収益しか見込めずがっかりしてしまいました。

しかし、自動収益というジャンルへの興味は捨てきれなかったので、いろいろ調べた結果素晴らしいものを見つけたので今回はそれを紹介します。
オススメしたいのが“サイレントワーカー(Silent Worker)”です。

特商法を見ると、Valley Deity Pte Ltdという運営会社で代表者はHO MUN EEという人物です。ネットのレビューを見ると日本でSilent Worker を購入できるようですし評判も上々なので、危険なものではなく信用できそうです!!
こちらの自動収益マシンは一度導入さえしてしまえば自分で作業する必要は一切なく、運営会社に任せて収益が分配されるといったイメージで、まさに不労所得として稼げるものです。個人マイニングと違い、サイレントワーカー(Silent Worker)はランニングコストや電気代が自分に掛からないのでその点も魅力的です。

昨今の副業ブームで詐欺まがいの案件や安全ではなく全く稼げない案件が蔓延している中、自動収益マシンを使用して着実に稼げるというのは非常に好印象です。
マイニングマシンや自動取引ツールなどを取り扱う業者はたくさん存在しますが、実際に購入した方のレビューを幾つか見たところ、安全に不労所得として稼げるSilent Workerが今後より注目されていくのかなと個人的には思います。
マイニングを個人で行うことは現実的に難しいですし、相当な設備投資とランニングコストが掛かります。一方でSilent Worker など外部から自動収益マシンを購入すれば、言わば利権を取得するようなものです。そういった利権は、話題になり応募人数が殺到することでいつ締切になってもおかしくありません。いまがチャンスだと私は感じています。かつ、レビューや口コミでも高評価が多い案件を選択すればより良い結果に繋がる確率が上がると思います。

私はこれまでの経験をもとに、“過去は変えれないが未来の 色 は変えれる”というポリシーがあります。これは過去の過ちや失敗の事実を変更することはできませんが、現在・未来に向かって方向性や中身を変えれるということです。
不労所得について様々調べた結果をもとにこの記事を書いていますが、この記事を参考にし少しでも皆さんの明るい未来になるきっかけになれば幸いです。

 

昔、株式投資で痛い目を見た人も

株式投資と言うのは利益の出し方というのがいくつもあったりするのですが大雑把にいますとキャピタルゲインとインカムゲインを狙っていくということになる部分においては特に違いはないです。
基本は売買益であり、そして配当金狙いということになります。どちらが良いのかというのは自分がどのようなスタンスで株式投資を行っているのかということによってかなり違ってくる部分になります。どちらが大きく儲けることができるのかといえば間違いなくキャピタルゲインになります。要するに安い時に買って高騰したりした場合において売ることです。或は逆に下がることを予想したときに売っておき、つまりは空売りをする方法もあります。そして実際に下がったら買い戻してその下がった分が利益になるというようなやり方も可能になっています。
昔よりも株式投資がかなりやりやすくなっています。まず一つとしてネットが普及したからです。ネット取引がしやすくなっています。一般投資家においては店頭取引というのはよほどの資産力があるような人でなければやる意味がなくなっていると言っても過言ではなくなってきているので、基本はネット取引にしたほうがよいでしょう。
とにかく手数料が安くなったということが最近の株式投資のハードルを下げている理由の一つであり、昔は一つ株を購入するのに数千円の手数料がかかっていたような時代もありましたが、今では少額であればそれこそ100円程度の手数料で、ということになっています。
これはどこの証券会社にするのかということによって変わる部分ではありますがバブルの時などにちょっと株式投資をしていて痛い目にあったからもうやめているというような人は今一度ネット取引というのを見直してみると良いでしょう。
物凄く低コストで株式投資ができるような時代になっていることに驚くことでしょう。それと最近では個人の少額非課税投資制度というのが出てきてるのでこれも活用したいところです。NISAと呼ばれるものであり、必ずしも証券会社に限ったことではないのですがとにかく特定の投資を非課税で行えるようになっているのでこれは必ず解説した上で株式投資をやるようにしましょう。
このように条件として非常によくなっている事は確かです。ですから、今からでも株式のための証券口座を作り、そしてはじめて見る価値は十分にあるといえるでしょう。投資ですから、無理のない範囲で行うようにしましょう。